タイトル縁.png
作品紹介

わんわん武士道シリーズ

枠角.png
枠角.png
わんわん武士道 猛犬、江戸に跳ぶ .jpeg

わんわん武士道 猛犬、江戸に跳ぶ 

枠角.png

七人の娘を持つ高六百石の旗本である相良官兵衛のところに「小納戸役」の話が舞い込んできた。

将軍家家治公に献上された、巨大な犬「仁王丸」を飼い馴らすという「御犬番」というお役目だという。

「そんなあばれ犬の飼育など、俺にできるだろうか?」と悩む官兵衛は、闘病にも一家言持つ、剣の師匠に相談するが……。

枠角.png
枠角.png
枠角.png
わんわん武士道 猛犬、月に咆える.jpeg

わんわん武士道 猛犬、月に咆える

枠角.png

将軍に献上された仁王丸を飼い馴らすという難事を見事成し遂げた官兵衛は、あちこちの座敷から声がかかるようになった。

ついには老中・田沼意次の屋敷に召されることに。

折しも、将軍・家治の後継として、その実弟である清水重好と一橋豊千代が競っていた。

一橋派とみなされる意次が官兵衛に秋波を送るのはなぜか?

枠角.png
枠角.png
枠角.png
わんわん武士道 猛犬、恋に落ちる.jpeg

わんわん武士道 猛犬、恋に落ちる

枠角.png

将軍からお預かりしている仁王丸も四歳となり、花嫁候補が見つかった。
やはり四歳の雌のマスチフで、体重13貫(約50㎏)の堂々たる女丈夫である。

が、初日に仁王丸が興奮のあまり突進したせいですっかり嫌われてしまう。

官兵衛は、二匹の恋を実らせようと、御犬番の誇りをかけて奮闘努力する。

枠角.png
金箔_下.png