top of page
建物.png
金丸.png
茂兵衞.png
名前_縦.png
侍.png
血.png

イラストレーション 井筒啓之

知_黒背景.png
知お知らせ文字.png
News文字.png
お知らせグループ.png

2022.11.10

累計80万部、三河雑兵心得シリーズの最新刊『百人組頭仁義』が発売となりました。

2023.03.15

2023.01.27

​『どうした家康』(講談社文庫)​に初の掌編が収録されています。

メッセージ黒背景.png

アイデアから始まります。

モチーフでもテーマでも構いません。

「あ、これ面白い」と感じる着想を得るのが全ての端緒となります。

冗談や悪戯を思いついた子供と同じで、

ワクワクと浮きたつような気分になります。

艱難辛苦を経た数ヶ月後、アイデアは一編の小説へと結実します。

本は刊行され、世間の評価を待つことになる。

もし貴方が、井原忠政の本で笑ったり驚いたりして下されば、

その時点で俺的には、ほぼ「ミッション・コンプリート」。

――冗談が滑らずによかった、

と元子供は拳を握り締めているでしょう。

 

 井原忠政

Messages文字.png
伝メッセージ文字.png
新刊黒背景.png
New publication文字.png
新最新刊文字.png
​百人組頭仁義 三河雑兵心得〈拾壱〉
家康の馬廻から百人組頭として戦場に復帰となり、意気軒昂な茂兵衛。

だが、「真田との和解を天下に示す策を述べよ」との家康の命に、本多平八郎の娘・於稲と、真田源三郎の婚姻を提案したから、さあ大変。

当然のように平八郎の説得を命じられてしまう。
はたして茂兵衛は、家中きっての「真田嫌い」の猛将を陥落させることができるのか!?

戦国足軽出世物語、第11弾。

​双葉文庫(2023年3月15日)
71VtjYikJeL.jpg
金箔_下.png
bottom of page