建物.png
金丸.png
茂兵衞.png
名前_縦.png
侍.png
血.png

イラストレーション 井筒啓之

メッセージ黒背景.png

アイデアから始まります。

モチーフでもテーマでも構いません。

「あ、これ面白い」と感じる着想を得るのが全ての端緒となります。

冗談や悪戯を思いついた子供と同じで、

ワクワクと浮きたつような気分になります。

艱難辛苦を経た数ヶ月後、アイデアは一編の小説へと結実します。

本は刊行され、世間の評価を待つことになる。

もし貴方が、井原忠政の本で笑ったり驚いたりして下されば、

その時点で俺的には、ほぼ「ミッション・コンプリート」。

――冗談が滑らずによかった、

と元子供は拳を握り締めているでしょう。

 

 井原忠政

Messages文字.png
伝メッセージ文字.png
新刊黒背景.png
New publication文字.png
新最新刊文字.png
三河雑兵心得  上田合戦仁義

主命とはいえ、秀吉との和平を進言し、茂兵衛は家内ですっかり孤立してしまった。お陰で、家康の次男・於義丸を大坂まで送り届けるという損な役目まで命じられてしまう。

 

一方、かねてより懸案だった沼田領の帰属をめぐって揉めていた真田昌幸はいよいよ徳川に反旗を翻した。黒駒合戦で北条、小牧長久手戦で秀吉と、強敵を続けて破ったことで自信満々な徳川勢は、過信から真田への侮りを隠せない。茂兵衛は危機感を募らせるが……。

 

出版社:双葉文庫

発行年月日:2022年7月14日

三河雑兵心得9_上田合戦仁義.jpeg
金箔_下.png